トップ>リーガルトピックス>2014年>美男美女にはご用心 【世界面白判例集その1】

リーガルトピックス

美男美女にはご用心 【世界面白判例集その1】

2014年07月10日

美男美女にはご用心 【世界面白判例集その1】

さぁやってまいりました世界面白判例集のお時間です。
世界中で巻き起こる面白判例を題材にし、皆様のご意見をお伺い出来ればと思っております。
記念すべき第一回は「美男美女にはご用心」ということで、愛と情熱の国イタリアで実際にあった判例をお届け致します。

事件は電車の中で起きた!

場所は電車内。イケメン・アデージョがひしめくそんな場所で事件はおきました。

訴えによると、2人は通勤電車内で2度会ったことがあり、1度目は男性が女性の隣に座り、翌日には女性の向かいに座ったとのことです。
原告側の女性の主張によると、男性は隣に座った際、女性に近づき過ぎ。
また、向かいに座った時には電車を降りるまでずっと、女性を見つめ続けていたとのことです。
さすが情熱の国ですね。要するに「見惚れた」ということだと思います。

ただ被告の男性、若干強めだったのですね、ちょっと見つめ過ぎでしまったようですね。
(国民性もあるかと思いますが、日本でこういうことをする男性がいたら、かなり怪しい人と思われますよね。。)

判決結果は・・・

因みに本件、男性に執行猶予付きで
 ・禁固10日間
 ・40ユーロ(約6600円)の罰金
が科されたようです。

擁護するつもりは毛頭ありませんが、美男美女ってやっぱり見とれちゃいますよね。
本件は過度な「見過ぎ」による訴訟となりましたが、どこまでが「見ている」でどこからが「見過ぎ」なのか、難しいラインですよね。
皆さんも美男美女に見惚れるという経験は今までにたくさんあると思います。また、見られることも結構あるのではないでしょうか?(私も結構、視線を感じることがあります(笑))
あぁまた見られているな程度であればそこまで気にすることもなく、日常生活を送れているわけですが、全ての方がそうではないということで、大変参考になった事例でした。
美男美女にはご用心。特に見過ぎには気を付けましょう。

(文/キャリアアドバイザー 石川卓見)

リーガルトピックス一覧へ

求人をお探しの方

企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。

求人情報

登録はお済みですか?

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。

新規会員登録

法律知識と経験が活かせる
7つのビジネスフィールド

法務・弁護士に特化した
職務経歴書の書き方をご紹介

会員登録がまだの方
新規会員登録
会員登録がお済みの方
ログイン

↑ページの先頭へ