トップ>リーガルトピックス>2017年>インハウスローヤーになるなら知っておきたい法務部門の仕事と能力【コラム】

リーガルトピックス

インハウスローヤーになるなら知っておきたい法務部門の仕事と能力【コラム】

2017年11月07日

20171107column.jpg

これから弁護士としての活躍場所を求めるとき、企業の法務部門への転職や就職を検討することがあるでしょう。企業の法務部門では、一般の弁護士事務所と異なる資質・能力が求められます。具体的には、どのような能力なのでしょうか?
今回は、企業の法務部門の役割や業務内容、活躍するための資質について解説します。

企業法務の仕事内容とは

そもそも、企業の法務部門は、どのような仕事を行っているところなのでしょうか?
法律事務所との違いについて、把握しておきましょう。
企業の法務部門は、企業が社会において活動するときに関わってくる、すべての法律問題を把握して、適切に対応することを目的にしています。
業務内容は、企業の業種や規模などによっても異なりますが、以下の4つが主となります。

・契約書作成、チェック
企業が売買契約や不動産に関する契約、秘密保持契約や業務委託契約を締結する場合の契約書を作成したり、内容をチェックしたりします。海外企業との取引を行うケースもあります。

・組織法務
株式会社の場合、会社組織が非常に重要です。企業内弁護士は、株主総会や取締役会の運営、株式発行や定款変更、子会社の設立などに関わり、運営します。

・コンプライアンス法務
近年重視されているのが、コンプライアンスに関する法務業務です。コンプライアンスとは、「法令遵守」のことで、具体的な業務としては、個人情報管理方法などの各種マニュアルを作成したり、社員の法務研修を実施したり、法律相談窓口を設置したりします。

・紛争対応法務
企業が法的な紛争に巻き込まれたとき、交渉や訴訟に対応する業務です。
外部の弁護士と共同して手続きを進めることもあります。

企業の法務部門で必要とされる能力

企業の法務部門では、次のような能力が要求されます。

・法律や条例、各種の通達に関する知識
法令遵守のためには、法律や条令に関する知識が必要です。関係官庁における通達などがある場合にも把握しておくべきです。

・リスクを予測する能力、共有する能力
トラブルが起こってからでは遅いので、リスクを予測し、それを避けるための資質が重要になります。そして、それを的確に組織内の各部門と共有しなければなりません。リスクマネジメントにおける人的、組織的対応力の一部です。

・リサーチ力と情報を活かす力
企業を取り巻く環境は、日々変動します。現状に飽き足らず、常に周囲をリサーチして必要な情報を取り込む力が必要です。情報を得たら、それを企業のためにどのように活用するのかも検討しなければなりません。

・論理的思考力
契約書の作成などの法務を行う場合には、論理的な思考力が必須です。

・コミュニケーション力
企業法務でも、取引先などの社内外の人と、コミュニケーションを円滑に取っていく必要があります。

企業の法務部門で活躍するために

企業の法務部門で活躍したい場合、できれば上記で挙げたすべての資質をまんべんなく高めていくことが理想です。ただし、いきなりすべての能力を高めることは、難しいでしょう。実際に、完璧な人ばかりが企業の法務部門で働いているわけではありません。
そこで、苦手分野があるならば、最低限のレベルまでは引き上げておきましょう。
そのうえで、できれば得意分野を作っておくと、活躍の幅が広がり、その後のキャリアを広げやすくなります。
今後のキャリアアップの参考にしてみてください。

【この記事を読んだ方におすすめのコンテンツ】
◆≪リーガル領域の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
◆≪まずは気軽に話を聞いてみたい、そんな方へ≫無料転職相談会・無料転職セミナーはこちら
◆≪期間限定プレゼント有≫転職やリーガル業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!メルマガ登録はこちら


(記事提供/株式会社エスタイル)

次の記事ベンチャー関連法務は若手弁護士にもおすすめ?【コラム】

前の記事120年ぶりの民法改正案、不動産契約書への影響はどうなる【コラム】

リーガルトピックス一覧へ

求人をお探しの方

企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。

求人情報

登録はお済みですか?

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。

新規会員登録

法律知識と経験が活かせる
7つのビジネスフィールド

法務・弁護士に特化した
職務経歴書の書き方をご紹介

会員登録がまだの方
新規会員登録
会員登録がお済みの方
ログイン

↑ページの先頭へ