四大法律事務所の年収は? 入社一年目で1,000万円を超えることも!

四大法律事務所の年収は? 入社一年目で1,000万円を超えることも!

2019/04/25

四大法律事務所の年収は? 入社一年目で1,000万円を超えることも!

四大法律事務所の年収がどれくらいなのか気になる人は多いでしょう。
四大法律事務所のアソシエイトとして、入社一年目の年収は1,000万円を超えるとされます。
パートナーになれば1億円以上を見込めるともいわれています。
この記事では、四大法律事務所の役職ごとの年収、四大法律事務所それぞれの特徴、および四大法律事務所に入所するためにはどうすれば良いかについてご紹介します。

四大法律事務所は一年目から年収1,000万円超え!

四大法律事務所は、一年目から年収1,000万円を超えるとされます。パートナーになれば、1億円以上を見込めるともいわれています。

四大法律事務所以外の法律事務所は、一年目の年収が400万円~600万円となるのが一般的です。
それと比較して、四大法律事務所の一年目の年収ははるかに高額です。
また、平成29年賃金構造基本統計調査によれば、法律事務所や企業に勤務し、給与を受け取っている弁護士の平均年収は、1,029万円となっています。
四大法律事務所は、一年目から1,000万円を超えますので、弁護士の中でも給与水準が高いことがここからも窺えます。

四大法律事務所の給与水準はいずれもほぼ同じだといわれています。入所して5年目くらいまでの年収は、だいたい次のようになるとされています。

入所からの期間 年 収
入所1年目 1,100万円~1,200万円
入所3年目 1,300万円~1,500万円
入所5年目 1,500万円~2,000万円

四大法律事務所の役職別の年収

四大法律事務所の役職別の年収を見てみましょう。
四大法律事務所においては、弁護士は、共同経営者である「パートナー」と一般所員である「アソシエイト」に大きく分けることができます。
アソシエイトは、入所するとまず「ジュニアアソシエイト」からスタートし、数年で「シニアアソシエイト」となります。
アソシエイトは、顧客を開拓するなどのことは求められず、パートナーの指示のもとで働くのが一般的です。

また、四大法律事務所には弁護士のほかに、弁護士の業務をサポートする「パラリーガル」と、一般事務や秘書業務を行う「弁護士秘書」がいます。

それぞれの役職ごとの年収は、だいたい次のようになるといわれています。

役 職 年 収
パートナー 数千万円~数億円
シニアアソシエイト 1,600万円~3,000万円
ジュニアアソシエイト 1,100万円~1,500万円
パラリーガル 400万円~600万円
弁護士秘書 300万円~500万円

四大法律事務所の特徴

四大法律事務所とは、
・西村あさひ法律事務所
・アンダーソン・毛利・友常法律事務所
・長島・大野・常松法律事務所
・森・濱田松本法律事務所
の4法律事務所のことを指します。いずれも400人を超える弁護士を擁し、主に企業を顧客として幅広いリーガルサービスを提供しています。

これら四大法律事務所の、それぞれの特徴を見てみましょう。
※弁護士数などは2018年の時点での情報です。

西村あさひ法律事務所

弁護士数 545人
拠点 東京、大阪、名古屋、福岡、北京、ホーチミン、ハノイ、シンガポール、ヤンゴン、バンコク
得意領域 バンキング&ファイナンス、キャピタルマーケット、コーポレート/M&A、紛争解決、不動産、再編/破産

アンダーソン・毛利・友常法律事務所

弁護士数 435人
拠点 東京、北京
得意領域 バンキング&ファイナンス、キャピタルマーケット、独占禁止法、労働法、不動産、税務

長島・大野・常松法律事務所

弁護士数 417人
拠点 東京、ニューヨーク、シンガポール
得意領域 バンキング&ファイナンス、キャピタルマーケット、コーポレート/M&A、紛争解決、不動産、税務

森・濱田松本法律事務所

弁護士数 403人
拠点 東京、北京、上海、シンガポール
得意領域 バンキング&ファイナンス、キャピタルマーケット、コーポレート/M&A、知的財産、投資ファンド、不動産

四大法律事務所に入所するためには

四大法律事務所に入所するのは、非常に狭き門となります。
四大法律事務所に在籍する人数は、2018年時点の合計で1,800人となります。
それに対して、日本弁護士連合会の統計によれば、全国にいる弁護士の人数は2018年の時点で3万8,980人とされているので、四大法律事務所に在籍している弁護士は全体の4.6%ということになります。

四大法律事務所に入所するためには、優秀な弁護士のなかでも、さらに選び抜かれた超エリートでなければなりません。
法科大学院、司法試験、および司法修習で、常に優秀な成績をおさめ続けることが必要とされるでしょう。

まとめ

四大法律事務所の年収は? 入社一年目で1,000万円を超えることも!

四大法律事務所の年収は、初任給で1,000万円を超え、パートナーになれば1億円以上を見込むこともできます。
四大法律事務所に入所するのは非常に難関ですが、ブティック系法律事務所などで専門性を磨くことにより、中途採用されることもあります。
もし四大法律事務所に転職する希望があれば、転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。

会員登録はこちら!

【おすすめ記事】
・MS-Japan「一般的な法律事務所の平均年収と、大手渉外ファームの平均年収ではどのくらいの差がありますか?」
・MS-Japan「大手法律事務所の年収相場を教えてください。」
・MS-Japan「ブティック系法律事務所から、夢の五大法律事務所への転職を叶える」
・LEGAL NET「パートナー弁護士、アソシエイト弁護士って、どういうこと?【コラム】」

<参考>
・厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」
・日本弁護士連合会「弁護士白書 2018」
・日本弁護士連合会「弁護士白書 2017」

【この記事を読んだ方におすすめのコンテンツ】
◆≪リーガル領域の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
◆≪まずは気軽に話を聞いてみたい、そんな方へ≫無料転職相談会・無料転職セミナーはこちら
◆≪期間限定プレゼント有≫転職やリーガル業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!メルマガ登録はこちら

会員登録がまだの方

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。
適職とのマッチングを第一に考え、
マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。

求人をお探しの方

法務・弁護士・弁理士等、法律領域トップクラスの転職サポート実績。企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。

登録はお済みですか?

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。