【レポート】司法試験受験者のための就職活動スタートダッシュセミナー!

【レポート】司法試験受験者のための就職活動スタートダッシュセミナー!

2019/06/18

司法試験受験者のための就職活動スタートダッシュセミナー!

6月13日(木)・18日(火)の2回にわたり、司法試験受験者のための就職活動スタートダッシュセミナーをMS-Japan本社(飯田橋)で開催しました。

当セミナーは、毎年、就業経験の無い法科大学院修了生や司法修習生の皆様に、将来を見据えたキャリア相談や求人情報の提供を行い、ご好評を頂いております。
今回は、2019年度司法試験受験者を対象に、就職活動の基本的な進め方や、キャリアプランなど就職活動全般について役立つ情報のご提供をさせていただきました。
両日ともにほぼ満席となりました!大変暑い中、お越しいただきありがとうございました!

皆様真剣な眼差しで参加されていて、「法律事務所と企業法務の業務の違いがよく分かった」「司法試験後のキャリアデザイン、また裏事情なども知ることができ大変有意義だった」といった嬉しい感想をいただきました。

6月26日(水)は、応募書類の作成や面接対策など、就職活動のポイントをより踏み込んだ司法試験受験者のための就職活動スタートダッシュセミナー!(各論編)を開催します。
是非、お気軽にご参加くださいませ!

セミナー概要

「司法試験受験者のための就職活動スタートダッシュセミナー!(総論編)」
■日程:令和元年 6月13日・18日
■参加費:無料
■場所:飯田橋・MS-Japan東京本社
■内容:
1.リーガルマーケットの動向
(弁護士の需要と供給、年収、労働環境)
2.リーガルキャリアの概要
(司法試験合格・不合格を想定したキャリアプラン)
3.法律事務所でのキャリアについて
(企業法務系・総合系・一般民事系それぞれの法律事務所の特徴、選び方)
4.企業内法務のキャリアについて
(企業内法務の特徴、法律事務所と事業会社の違い)
5.就職活動の進め方
(就活スケジュール、法律事務所・企業法務以外の進路、応募書類・面接のポイント)
6.質疑応答

参加者からの主な質問と回答

Q.新卒・中途採用、どちらで扱われますか?
求人内容によって異なります。言い方を変えれば、新卒・中途どちらの枠にもチャレンジいただけます。
但し、中途枠に関しては、法務実務未経験者を検討対象にしている求人を探す必要があります。

Q.9月の合格発表前に企業の採用試験を受けるべきでしょうか?
「家庭事情で就職しなければならない」、「どうしても予防法務をやりたい」といった企業に進む明確な理由があれば、積極的に採用試験を受けることをお勧めします。
ただし、企業側としては、早期に入社可能な方を優先するケースが一般的で、司法試験の合格発表まで入社をお待ちいただけないこともあります。
ある程度、就職する気持ちを固めてから活動を始めることをお勧め致します。
稀に司法修習を終えるまで入社を待っていただけるケースもあるので、選考の過程で相談するという方法もあります。

Q.法律事務所の説明会で提出する履歴書はどう書けばよいでしょうか?
優秀な人材を囲うため、説明会で履歴書を求める法律事務所もあります。
もし、志望度の高い事務所であれば、志望動機は記載した方が良いですが、高くなければ志望動機を記載せず自己PRのみ記載するかたちでも問題ありません。
履歴書の志望動機欄の空白が気になる場合は、文房具屋にあるような志望動機欄が設けられていない履歴書を購入するか、ネットでダウンロードして調整するなどして、志望動機欄のない履歴書を持っておくと便利です。

まずは転職エージェントに無料相談する

会員登録がまだの方

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。
適職とのマッチングを第一に考え、
マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。

求人をお探しの方

法務・弁護士・弁理士等、法律領域トップクラスの転職サポート実績。企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。

登録はお済みですか?

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。