司法試験未合格者・合格者向け希望進路アンケート結果

司法試験未合格者・合格者向け希望進路アンケート結果

2011/10/26

今年度の司法試験終了後、未合格者と合格者の方々に向けて就職セミナーを実施させて頂きました。

以下、アンケート結果です。

 

未合格者の希望進路アンケート (35名)

【出身法科大学院】(順不同)

4名:上智大学・神戸大学

3名:早稲田大学・法政大学

2名:中央大学・東京大学・青山学院大学・明治大学・立教大学

1名:学習院大学・慶応義塾大学・成蹊大学・東北大学・大阪大学・関西学院大学・日本大学・国学院大学・一橋大学・横浜国立大学・静岡大学

【年齢】

~27歳:9名  28~29歳:7名  30~34歳:15名  34歳~:4名

【TOEIC】

スコア有り:18名  スコア無し:17名

860~990:2名  730~855:6名  600~725:10名

【新試験受験回数】

1回:4名  2回:16名  3回:14名  回答なし:1名

【来年度司法試験受験予定】

有り:2名  無し:30名  未定:3名

【就業開始時期】※複数回答可能

すぐに:33名  来年の試験後:1名  その他:2名

【志望職種(企業の場合)】

法務のみ:1名  法務or管理部門:7名  不問:24名

【希望勤務地】※複数回答可能

関東:27名   関西:4名  東海:3名  全国:11名  海外:3名

【希望する規模】※複数回答可能

1~100名:6名  101名~1000名:20名  1001名~:22名

 

今期は未合格者も法務だけで就職活動をするのではなく、管理部門や営業、総合職など幅広い職種へ希望される方が増えている傾向が見て取れます。

 

新65期司法試験合格者の希望進路アンケート(33名)

【出身法科大学院】(順不同)

5名:慶應義塾大学

4名:早稲田大学・中央大学・東京大学

2名:明治大学・神戸大学

1名:駿河台大学・大阪大学・専修大学・学習院大学・京都大学・新潟大学・名古屋大学・関西学院大学・北海道大学・青山学院大学・一橋大学・法政大学

【年齢】

~27歳:17名  28~29:9名  30~34歳:6名  34歳~:1名

【TOEIC】

スコア有り:14名  スコア無し:19名

860~990:4名  730~855:2名  600~725:6名     470~595:2名

【就業開始時期】※複数回答可能

すぐに:8名  司法修習後:26名  その他:1名

【希望勤務地】※複数回答可能

関東:25名   関西:3名  東海:3名  全国:4名  海外:7名

【志望職種(企業の場合)】(企業希望:30名のうち)

法務のみ:6名  法務or管理部門:7名  不問:17名

【希望する規模】※複数回答可能(企業希望:30名のうち)

1~100名:4名  101名~1000名:13名  1001名~:23名

【志望業種(法律事務所の場合)】※複数回答可能(法律事務所希望:30名のうち)

企業法務メイン:11名  一般民事と企業法務:26名  一般民事メイン:12名  債務整理特化(広告出稿事務所):0名

【希望する規模(弁護士数】(法律事務所希望:30名のうち)

10名未満:17名  10名~30名:3名  30名以上~:1名  回答なし:9名

 合格者に関しても、企業を希望される方が増えてきており、33名中30名が企業への就職活動を視野に入れていらっしゃいます。

 

司法試験の合格率、法曹領域の就職率が下がっていく中で、今後も法科大学院修了生の希望進路は様々な分野へ広がっていくことが予想されます。

法務・法律事務所の転職マーケットへ影響を与えるであろう新司法試験制度。

若手の法務経験者に代わって、弁護士・司法修習生・ロースクール修了生へと中途採用のターゲットを代える企業数も増えている傾向があります。

当社も引き続き様々なマーケット状況をご提供させて頂きます。

会員登録がまだの方

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。
適職とのマッチングを第一に考え、
マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。

求人をお探しの方

法務・弁護士・弁理士等、法律領域トップクラスの転職サポート実績。企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。

登録はお済みですか?

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。