トップ>リーガルトピックス>2016年>セミナー『転職成功者に学ぶ!企業法務案件の経験を積みたい弁護士のためのキャリア・リスタートセミナー』を開催しました!
(MS-Japan×弁護士法人ALG&Associates)

リーガルトピックス

セミナー『転職成功者に学ぶ!企業法務案件の経験を積みたい弁護士のためのキャリア・リスタートセミナー』を開催しました!
(MS-Japan×弁護士法人ALG&Associates)

2016年02月29日

2016年2月4日に、MS-Japanと弁護士法人ALG&Associates(旧弁護士法人アヴァンセリーガルグループ)によるタイアップセミナーを開催しました。
MS-Japanのキャリアアドバイザーが講師を務め、弁護士法人ALG&Associatesの転職経験のある弁護士の方々にも登壇いただきました。今回はその内容について、簡単にお伝えしたいと思います。

【イベントの概要】
■日時:2016年2月4日(木)19:30~21:00
■場所:MS-Japan東京本社 セミナールーム
■内容:経験弁護士向けキャリアセミナー
前半...MS-Japanのキャリアアドバイザーによる、弁護士の転職市場動向・経験弁護士のキャリアプランについて
後半...弁護士法人ALG&Associatesのパートナー弁護士2名による、ご自身の転職成功体験を語る

弁護士の転職市場動向~今、狙い目の"新たな選択肢"とは?~

 20160229topics.jpg

 セミナー前半は、MS-Japanのキャリアアドバイザーによる、最近の転職動向の話をさせて頂きました。
弁護士の転職市場は、現在"買い手市場"と言われており、中堅・総合・ブティック系法律事務所への転職は狭き門となっているのが現状です。上記のような法律事務所からの求人依頼は年々増加しているものの、応募にあたっては企業法務経験が必須であったり、専門領域の深い知識が求められたりと、一般民事経験のみの弁護士の方は、転職活動に苦労されることが多いようです。
そのような中で、現在注目が集まっているのが、"業態転換に成功している法律事務所"です。(例えば、債務整理で成長を遂げ、最近は企業法務等の案件にシフトしている、というような事務所等)このような事務所は採用において、経験よりも成長意欲等を重視する場合が多いため、一般民事経験のみの方でもチャンスの幅が広がっている、というお話でした。

転職成功者に学ぶ~誰もが知っている大手法律事務所の内定を断ってまで、業態転換型の事務所へ転職した理由とは?~

 20160229topics-2.jpgセミナー後半では、弁護士法人ALG&Associatesパートナー弁護士である山岸純氏・家永勲氏による転職体験談を中心にお話いただきました。

山岸氏は、誰もが知っている大手法律事務所に内定をもらいながらも、より自分に合った転職先を模索し、現在に至ったという経験があります。そのような経験を振り返りながら、受講者へのメッセージとして、『自分がやりたい業務は何か?ということをしっかりと考え、それを実現できる場所を選ぶことが大切』と仰っていました。また、ブランドや規模感・イメージなど、少ない情報だけで判断するのではなく、事務所の業務内容や分野ごとの人数等、HPのみでは分からないような情報も自分の足で収集することで、より納得のいく転職にしていただきたい、とのことでした。
家永氏は、企業法務の経験が全くなかったところから、弊社経由で現職に入社後、2年でパートナーまで昇格されております。企業法務事業の立ち上げに携わるという特殊な経験を経て、『業態転換という柔軟な志向を持ち、若い人の意見を尊重する事務所だからこそ、誰もが活躍できるチャンスがある』というお話をされていました。

まとめ

弁護士法人ALG&Associatesのような民事等の個人の事件を中心に受任し成長をしてきた事務所は、いわゆる"カタカナ系"と呼ばれることもあり、あまり良いイメージを抱かない方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら今回、業務内容の比率や人数構成についても説明して頂いた中で、企業法務系案件が40~45%、担当弁護士も企業法務が一番多いというお話を聞き、イメージがガラッと変わった方も多かったようです。山岸氏・家永氏のお話を聞き、私自身も事務所のイメージが180度変わりました。何より、両氏が、自身の弁護士としての信念や実現したい未来の話を力強く語っているのが印象的でした。
セミナー内でも話が出ましたが、「隣の事務所は分からない」というように、他の事務所のことは意外と分からないものです。少しでも本当の情報を知るべく、様々な事務所の説明会や面接で話を聞くことや、エージェントを利用して情報収集することなど、ご自身の地道な努力が、今後のキャリアを大きく左右するかもしれません。また、買手市場という転職市況の中、弁護士の方が活躍する場を広げていくために、今回のような業態転換型の法律事務所こそが、今後の法律事務所業界を担っていくと言っても過言ではないかもしれません。

引き続き、様々な形式のセミナーを開催していく予定です。今回参加できなかった方も、是非次回の開催も楽しみにしていただければ幸いです。

【この記事を読んだ方におすすめのコンテンツ】
◆≪リーガル領域の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
◆≪まずは気軽に話を聞いてみたい、そんな方へ≫無料転職相談会・無料転職セミナーはこちら
◆≪期間限定プレゼント≫今なら、企業法務・弁護士の転職動向レポートが手に入る!最新情報満載のメルマガはこちら

(文/リクルーティングアドバイザー 谷田部 一水)

 


次の記事【コラム】法人税を下げても起業率は上がらない? その答えは意外なものだった!

前の記事【コラム】電力自由化に伴い需要増加。新たな電気事業において求められる法務とは

リーガルトピックス一覧へ

年収診断

求人をお探しの方

企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。

求人情報

登録はお済みですか?

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。

新規会員登録

法律知識と経験が活かせる
7つのビジネスフィールド

法務・弁護士に特化した
職務経歴書の書き方をご紹介

会員登録がまだの方
新規会員登録
会員登録がお済みの方
ログイン
年収診断


法科大学院修了生向け

↑ページの先頭へ