トップ>リーガルトピックス>2018年>司法試験を終えて、これから就職!合否別に年齢制限はあるのか?

リーガルトピックス

司法試験を終えて、これから就職!合否別に年齢制限はあるのか?

2018年11月20日

司法試験を終えて、これから就職!合否別に年齢制限はあるのか?

司法試験の経験者も、その後の進路に多様性が出てきました。司法試験に合格できなかった人だけでなく、合格を果たした人の中にも、司法修習を志望せずに就職する人が増えています。では、司法試験経験者の就職において、試験の合否でどのような影響が生じるのでしょう。年齢による有利不利はあるのでしょうか。

司法試験を撤退し、就職活動するとは、どういうことか

司法試験は、原則として法科大学院を修了した後に受験します。法科大学院の修了に2~3年かかりますので、司法試験を受験する時点でどんなに若くても25歳前後になっているのです。

予備試験を合格すれば、法科大学院をパスして司法試験を受験する資格を得られます。予備試験を受けるのに年齢制限はありませんが、超難関ですので、20台前半などの若手で予備試験をクリアするのは至難の業です。やはり、予備試験ルートで司法試験を受けていても、やはり25歳以上になっている場合がほとんどなのです。

つまり、司法試験を経験した後に撤退して就職活動を行っている人は、どれほど若くても20代後半になっているはずです。

一般には27歳~30歳に差しかかると、就職が不利になるといわれています。では、司法試験を経験している人ですと、どうなるのでしょうか。

司法試験合格者は、年齢を重ねていると就活に不利なのか?

司法試験に合格した事実は、履歴書の職歴欄に書けるかどうかは意見が分かれるでしょうが、資格・特技の欄に書くことはできるでしょうし、職務経歴書の中にも盛り込むことができます。よって、企業の人事部、採用担当者に対しては、大いにアピールとなり、強い印象を残すことができるのは間違いありません。

司法試験合格は、法務部や人事部、総務部など、法律知識を活かしやすい部署については、特に就職に有利となるでしょう。よって、30歳を過ぎていても、就職に不利にならない職場はあるものと考えられます。

ただし、どのような理由で司法試験合格から一般企業への就職をしようと考えたのか、その動機に関する説明を、あらかじめ練っておくことが重要となります。世間の人々は、司法試験に受かったら全員法律家になるものだと思い込んでいます。一般企業に勤める理由だけでなく、法曹の道を撤退する理由まで、説得的に口頭でプレゼンテーションする必要があるでしょう。

司法試験の不合格者は、年齢を重ねていると就活で不利なのか?

司法試験の不合格者は、年齢を重ねていると就活で不利なのか?

司法試験に不合格であれば、その後は一般企業に就職せざるをえないことから、就職活動を行う理由は明確といえるでしょう。「5年間で5回」という受験回数制限を使い果たしてしまった人もいれば、回数制限は残っているけれども、合格ラインをキープする実力をこれ以上付けられそうにないと感じて、自ら撤退を決める場合もあるはずです。

司法試験に合格した実績がないので、法科大学院を修了していれば「法務博士」という学位があります。ただ、年齢を重ねていれば就職に不利になってしまう点は、大卒の人々と大差ないでしょう。

そして、「法律家になれないために、仕方なく就職活動をしている」というネガティブなイメージを払拭させる必要があります。ともすると、年齢以上にマイナス印象になりえます。
よって、一般企業などへの就職を行う積極的な理由を、改めて説得力があるかたちで練っていく必要があります。「御社に貢献したい」といった抽象的な理由でなく、今までに司法試験準備のプロセスで培ってきた法律知識や論理的思考力を、どのようにして企業活動の中で活かすか、できれば各社の企業理念などを具体的に踏まえながら伝えるべきでしょう。

就職するために必要なこと

たとえ他の就職活動者と比べて高齢だからといって、それを引け目に感じる必要はまったくありません。ただ漫然と年を重ねているわけではないはずです。時間を掛けて、あるいは集中して、基本的な法律のスキルや論理的分析、そしてそれを文章として表現する執筆力などを養ってきたわけですから、そのことを臆することなく自信を持って面接などでアピールしましょう。

そのときに気をつけなければならないのは、法律家を目指していた頃の志をいったん脇に置いて、「経済活動・ビジネスに、法律的スキルをどう活かすか」という方向へ発想を切り替えることです。「法律的スキルを、どのように活かして、会社の収益向上に貢献するか」という話に結びつける必要があるのです。

また、会社員として勤め続けるには、コミュニケーション能力ないしチームワークに加わるスキルも求められます。その点も面接などの言動でさりげなくアピールできると好印象です。
その企業が従業員に求めているもののうち、「自分は何に貢献できるか」を意識して常に対応する姿勢と粘り強さがあれば、司法試験の結果いかん、現在の年齢いかんを問わず、結果が出るはずです。

就職するためには、ペーパーテストである司法試験とは異なるアピール方法が必要となります。しかし、根本的には司法試験と共通しているのです。司法試験における出題意図は、法曹として求められるスキルが込められていますし、就職活動で成功するために必要なことは、企業研究によって知ることができるでしょう。その企業がどのような社会貢献をしようとしているか、その社会貢献のために従業員に何を求めているかを知らなければなりません。

まとめ

司法試験から撤退するにあたっては、その後の人生をどのように構築するかが問われます。まずは新たな就職先を探すことが重要ですが、そのプロセスでは司法試験で培ってきたスキルが必ず活かされると信じて、たとえ一時的にうまくいかなくても、くじけず前向きに頑張っていきましょう。

法科大学院修了生向けの就職情報はこちら

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆≪リーガル領域の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
◆≪まずは気軽に話を聞いてみたい、そんな方へ≫無料転職相談会・無料転職セミナーはこちら
◆≪期間限定プレゼント有≫転職やリーガル業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!メルマガ登録はこちら


次の記事弁護士の事務は、大変?ただやりがいも多い!

前の記事司法試験合格には有効期限がない?必要な手続きなども説明

リーガルトピックス一覧へ

年収診断

求人をお探しの方

企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。

求人情報

登録はお済みですか?

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。

新規会員登録

法律知識と経験が活かせる
7つのビジネスフィールド

法務・弁護士に特化した
職務経歴書の書き方をご紹介

会員登録がまだの方
新規会員登録
会員登録がお済みの方
ログイン
年収診断


法科大学院修了生向け

↑ページの先頭へ