知らぬ間に買収されている!?あなたは選挙に行きますか?【世界面白判例集その5】

知らぬ間に買収されている!?あなたは選挙に行きますか?【世界面白判例集その5】

2014/12/09

知らぬ間に買収されている!?あなたは選挙に行きますか?【世界面白判例集その5】

季節は冬、コート無しでは耐えられない季節となりました。手袋・マフラーをいつから投入しようと考える今日この頃です。
そんな中、またしてもこの時間がやってきてしまいました。
「厳冬はコート(Court:法廷)で乗り越えよう!」なんていうオシャレな言い回しが共通言語の当サイト。いつもいつも恐縮です。【世界面白判例集】のお時間です。

5回目は、今回は総選挙が近づいていることもありまして、選挙ネタでお送り致します。

立候補者の皆様、公職選挙法違反には十分気を付けましょう ~後からホコリが出ませぬよう~

第47回衆議院議員総選挙が2014年12月14日に施行されると、先日発表がありました。(アベノミクス解散って響きはカッコ良いですね。)
毎回、選挙の時期になりますと早朝より選挙カー、演説の声が住宅街に響き渡ります。そのメロディーで目覚める度に「選挙が始まるんだ」と意識をし始める僕がいます。実は、この選挙カーにも色々なルールがあるんです。

公職選挙法には様々な規制があります。
まずは、前述の「選挙カー問題」。実は選挙カーは8時~20時まで走り回れるそうです。なかなかに長時間労働。(労働基準法に照らしますと休憩1時間で3時間の超過勤務手当GET)
確かに生活リズムの異なる家庭やお子様が寝る時間等、いろいろと問題がありそうですね。

また、昨今話題にあがった「うちわ問題」。
素人目線からすると暑い中有難いと思ってしまいますが、寄付にあたる「物品」となってしまうようですね。(知らない間に色んなとこで僕たちは買収をされそうになっているのかも?!)
「うちわもらったしこの人に投票をしよう!」って思うかなぁ。なんて考えたりもします。

やっぱりお金に関わる問題、結構グレーですよね。この人に限ってという方でも問題があったりします。

「政治とカネ」

確かに莫大なお金がかかるのでしょうが、難しい問題です。一番法を犯してはいけない人というか、意識をしなければいけない人たちなのに...。是非ともホコリ(誇り)を持ってもらいたいものです。

投票率は下降の一途、今後は新世代選挙に期待?!

一票の格差...判例は出ているもののなかなか変わりません。
投票率...どうやったら上がるもんでしょうか。(投票券宝くじ政策待望論!?)

理解できないことや納得出来ないことがそのままの状態になっていることもあり、そこに対してなかなかアクションを取れない若者世代...。人を動かさなければ世界は変わらないとするのであれば、何かドラスティックにルールを変える必要があるのでしょうか。
考えられる面白いことや大きく日本が動くかもしれないこと、僕たちが出来ることはもしかしたらたくさんあるのかもしれませんね。

投票率は下落傾向。衆議院選挙で約60%。半数近くの40%は投票をしていない状況となっております。
未投票の事情はあるのでしょうが、もしもこの40%が投票に動いたとしたら...、その時浮動票はどこにいくのでしょう?
投票しなければ罰則!?そんな法律作っちゃったら既成政党の運命や如何に!?

なんだか、判例とは異なる内容になってしまいましたが、お付き合い有難うございました。

【この記事を読んだ方におすすめのコンテンツ】
≪関連トピックス≫世間を賑わした米国レッドブル訴訟、翼の行方は?【世界面白判例集その4】
≪関連トピックス≫アレの名前【世界面白判例集その3】~裁判あるあるVol.1~
≪関連トピックス≫空き巣に入った犯人に5万ドルの支払い?! 【世界面白判例集その2】
≪関連トピックス≫美男美女にはご用心 【世界面白判例集その1】

(文/チーフキャリアアドバイザー)

会員登録がまだの方

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。
適職とのマッチングを第一に考え、
マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。

求人をお探しの方

法務・弁護士・弁理士等、法律領域トップクラスの転職サポート実績。企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。

登録はお済みですか?

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。