平成27年度司法試験結果について

平成27年度司法試験結果について

2015/09/08

平成27年度司法試験結果について

平成27年9月8日、平成27年度の司法試験の結果が発表されました。

受験者数については、昨年度とほぼ横ばいの8,016名、最終合格者数は40人増加の1,850名でした。合格率に関しては過去最低の水準であった昨年度よりはやや回復し、23.1%でした。

【司法試験結果 推移】

平成27年度司法試験結果.jpg

(参照元:法務省HP)

合格率上位の法科大学院は、1位は一橋大学法科大学院、2位は京都大学法科大学院、3位は東京大学法科大学院です。
合格率・合格者数の詳細については以下の通りです。

【法科大学院 司法試験合格率ランキング】

  1. 一橋大学法科大学院 55.6%(合格者数(以下略)79名)
  2. 京都大学法科大学院 53.3%(128名)
  3. 東京大学法科大学院 48.9%(149名)
  4. 神戸大学法科大学院 48.3%(72名)
  5. 慶應義塾大学法科大学院 45,5%(158名)
  6. 愛知大学法科大学院 36.4%(8名)
  7. 中央大学法科大学院 35.8%(170名)
  8. 早稲田大学法科大学院 30.8%(145名)
  9. 大阪大学法科大学院 29.1%(48名)
  10. 北海道大学法科大学院 28.6%(42名)

 

また、今回の司法試験でも予備試験組の力は際立っており、予備試験組の合格率は61.8%、合格者数は186名と、合格率・合格者数共にトップでした。実に、合格者の10人に1人が予備試験組となっております。

司法試験の結果に関しては、過去最低の合格者数及び合格率であった昨年度よりは合格者数・合格率共に微増したものの、今後も予断を許さない状況が続きそうです。

以上、参考にしていただければ幸いです。

【この記事を読んだ方におすすめのコンテンツ】
≪リーガル領域の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
≪試験が終了し、改めてキャリアについて考えたい方へ≫無料転職相談会・無料転職セミナーはこちら

(文/キャリアアドバイザー 山﨑雅彦)

会員登録がまだの方

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。
適職とのマッチングを第一に考え、
マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。

求人をお探しの方

法務・弁護士・弁理士等、法律領域トップクラスの転職サポート実績。企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。

登録はお済みですか?

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。