【弁護士・企業法務の転職成功事例Vol.7】弁護士とワークライフバランスを両立させる働き方を探して

【弁護士・企業法務の転職成功事例Vol.7】弁護士とワークライフバランスを両立させる働き方を探して

2016/05/25

20160525column.jpg

リーガルトピックスのシリーズ記事、「リーガル業界の転職成功事例」をご紹介していきます。
こちらのシリーズではリーガル業界で転職を成功させた方々の事例を通して、転職までの経緯や転職先決定のポイントをご紹介致します。

【今回の成功者】
Yさん、20代/女性
転職前:個人経営の法律事務所(弁護士 約10名)
転職後:総合型法律事務所(弁護士約50名)
資格:弁護士
年収:転職前500万円 ⇒ 転職後600万円

長く働ける法律事務所へ行きたい!

司法修習を終え、晴れて弁護士として事務所で勤務することとなったYさん。在籍事務所では一般民事を中心に幅広い法律相談に対応されてきました。MS-Japanへ転職相談に来られた際は、在籍事務所が2年の任期付の為、そろそろ次の事務所を探さなければいけないという事情がございました。現在の事務所には特に不満はなく、出来れば長く働きたかったというお気持ちがあったようで、弊社としては末永く働ける転職先を探していきましょうと転職支援を開始させていただきました。

ライフイベントにも理解のある法律事務所へ転職

転職活動を開始される際にどのようなポイントに重きを置いて転職候補先を選定するか伺ったところ、弁護士としてのキャリアと、ご家庭を大切にしたいYさんのお気持ちが垣間見え、どちらを重視すればよいのか葛藤されておりました。弁護士としては今後も民事を中心に幅広く様々な方の法律相談に乗っていきたいという希望がありましたが、ライフイベント等も視野に入っており、ワークライフバランスを考えると転職先を決めかねておりました。そこで弊社から提案をさせて頂いたのは、末永く弁護士として働けるほか、ある程度マンパワーがありライフイベントにも理解があり、数十人規模で弁護士が在籍している事務所に的を絞り転職活動をされることを提案させていただきました。結果としては無事内定をいただき、ご自身の考える今後のキャリアに合致する事務所だったため入所を決断されました。

キャリアもプライベートも両立させたい女性ならではの成功事例

今回の事例では、女性弁護士の方が直面するキャリア構成の難しさがあったと思われます。弁護士の方は、ある程度事務所に勤めたら、独立又はインハウスという選択肢を迫られるケースがあるかと思います。しかしながら中には、事務所に勤務し、リーガルサービスを提供し続けたいと考えている方も多いのではないでしょうか。最近ではそのような方を受け入れていただける法律事務所も多くなってきたと感じております。是非MS-Japanでご希望の働き方や将来のキャリアについてご相談いただければと思います。

今回の「転職成功事例」はいかがでしたか? 今後も弁護士、企業法務などリーガル領域のさまざまな転職の事例を定期的に掲載していく予定ですので、お楽しみに!

【弁護士・企業法務の転職成功事例シリーズ】
【弁護士・企業法務の転職成功事例Vol.8】30代・女性弁護士 ワークライフバランスとキャリアの両立に成功!
【弁護士・企業法務の転職成功事例Vol.1】日系商社から外資系メーカーへの転職で、年収維持、ワークライフバランスを両立できた女性企業法務
【弁護士・企業法務の転職成功事例Vol.2】中国弁護士(律師)の女性、縦割り業務ばかりの大手法律事務所からインハウスへの転職で業務幅が大きく広がる
【弁護士・企業法務の転職成功事例Vol.3】世界有数の弁護士事務所から社員数十名のIPOベンチャー企業への転職
【弁護士・企業法務の転職成功事例Vol.4】司法修習明けに入所したブラック個人法律事務所から総合系中堅弁護士法人への転職
【弁護士・企業法務の転職成功事例Vol.5】弁護士の領域を超えてコンサルティングファームにチャレンジ!
【弁護士・企業法務の転職成功事例Vol.6】任期付公務員弁護士のセカンドキャリア

【この記事を読んだ方におすすめのコンテンツ】
◆≪リーガル領域の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
◆≪まずは気軽に話を聞いてみたい、そんな方へ≫無料転職相談会・無料転職セミナーはこちら


(文/リクルーティングアドバイザー)

会員登録がまだの方

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。
適職とのマッチングを第一に考え、
マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。

求人をお探しの方

法務・弁護士・弁理士等、法律領域トップクラスの転職サポート実績。企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。

登録はお済みですか?

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。