【弁護士の転職成功事例】成長意欲と向上心をアピールして未経験分野に挑戦!30代・弁護士の成功事例

【弁護士の転職成功事例】成長意欲と向上心をアピールして未経験分野に挑戦!30代・弁護士の成功事例

2017/09/06

20170906.jpg

【今回の成功者】
Kさん
32歳・男性
資格:弁護士

<転職前>
ブティック型法律事務所 年収1000万円
<転職後>
中堅法律事務所 年収800万円
エリア:東京都

同じ分野の案件ばかり...。もっと幅広く業務にチャレンジしたい!

Kさんは、1度目の司法試験で合格後、ブティック系法律事務所で働いておりました。業務は元々やりたかったもので、尊敬する上司の元で充実した日々を送っておりました。しかし、業務は8割方同じ分野の案件であった為、業務に慣れていくにつれて、もう少し幅広い業務に携わってみたいという気持ちが強くなってきました。同期の友人達にも相談し、若いうちは個人受任も含めて様々な経験を積める環境をと考え、転職を決意されました。

一時的に年収がダウンしても、希望の環境が整っていることを優先。

Kさんはこれまで同じ分野での業務を長らく行ってきたため、応募先の企業では経験不足で落ちてしまうなど、なかなかスムーズには進みませんでした。そんな時に、ある中堅法律事務所からお声がかかり、選考に臨むことに。苦戦している状況の中で出会った事務所でしたので、事前に面接対策を行い、面接では弁護士として幅広く経験を積んでいきたいという向上心をアピールいただくようアドバイスを致しました。

実際に臨まれた選考では、先方にKさんの成長意欲やお人柄の良さが伝わり、好評価をいただけました。そして、無事内定を獲得することが出来ました。結果的に、前職よりも年収は下がってしまいましたが、希望業務を行えること、また、何よりも経験だけでなく人間性を評価していただけたということが決め手となり、就職を決意されました。

アピールすべきポイントを押さえる。

法律事務所への転職においては、取扱いがある案件の経験内容について厳しく審査される傾向があります。しかし、だからといって諦めてはいけません。新しい業務に挑戦を希望する場合は、書類選考や面接の際に成長意欲や向上心をしっかりとアピールすることで、今回のKさんのように好評価をいただける場合もあります。

転職エージェントでは、あなたの魅力や熱意を伝える為の面接対策や書類添削も行っております。未経験の分野に挑戦してみたい方は、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

>> 【弁護士のおすすめ求人】弁護士の転職限界説は〇〇歳?!30代・40代弁護士の転職事情とは

【この記事を読んだ方におすすめのコンテンツ】
◆≪リーガル領域の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
◆≪まずは気軽に話を聞いてみたい、そんな方へ≫無料転職相談会・無料転職セミナーはこちら

会員登録がまだの方

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。
適職とのマッチングを第一に考え、
マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。

求人をお探しの方

法務・弁護士・弁理士等、法律領域トップクラスの転職サポート実績。企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。

登録はお済みですか?

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。