【弁護士の転職成功事例】残業過多を改善したい!インハウスへの転職と年収アップを実現させた事例

【弁護士の転職成功事例】残業過多を改善したい!インハウスへの転職と年収アップを実現させた事例

2017/09/20

20170920.jpg

【今回の成功者】
Hさん
36歳・女性
資格:弁護士

<転職前>
個人法律事務所 年収450万円
<転職後>
新興上場企業 年収600万円
エリア:東京都

企業法務に挑戦したい!

Hさんは個人の法律事務所に勤め、一般民事事件を中心に顧問企業の契約書作成や審査業務に携わっていらっしゃいました。司法試験合格後の就職活動の時からインハウスに興味を持たれておりましたが、当時は縁が無く現在の法律事務所に就職しました。しかし、今回の転職でインハウスローヤーに再挑戦されたいと考えて、転職活動を開始されました。

ワークライフバランスもとれる上場企業を希望

務めていた法律事務所は一般民事事件を中心に取り扱っており、一定の収入を維持するためには数多くの案件をこなす必要がありました。そのため残業が慢性化しており、深夜まで仕事をする日もありました。そこで、今回の転職ではワークライフバランスがとれる上場企業にターゲットを絞って選考に臨まれていました。最終的に、新興市場に上場するベンチャー企業から内定を獲得。ベンチャー企業に対して忙しいイメージを持っていたHさんでしたが、実際には月の残業時間が10~30時間程度ということを聞いて安心して内定を受諾しました。
また、年収についてはこだわりを持っていませんでしたが、少ないながらも企業法務案件の経験を積んでいたことが評価されて係長クラスのポジションで採用となり、年収アップも果たすことができました。

36協定を順守する上場企業

今回のHさんのようにベンチャー企業はハードワークだというイメージを持っている方は多いようです。確かに成長フェーズを少数精鋭で乗り切るベンチャー企業では、常に個人としての変化や組織としての改善が求められるため忙しくなる傾向があります。一方で柔軟な人事制度があったり、新しい価値観を積極的に取り込んでいるため、旧態依然とした企業よりも働き方の改革が進んでいるケースもあります。
特に上場企業であれば労働環境の改善が進んでいるケースもあるので、実は非常に働きやすいケースがあります。
ぜひイメージだけで判断する前に、実際に足を運んで企業を見極めてください。

 

【この記事を読んだ方におすすめのコンテンツ】
◆≪リーガル領域の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
◆≪まずは気軽に話を聞いてみたい、そんな方へ≫無料転職相談会・無料転職セミナーはこちら

会員登録がまだの方

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。
適職とのマッチングを第一に考え、
マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。

求人をお探しの方

法務・弁護士・弁理士等、法律領域トップクラスの転職サポート実績。企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。

登録はお済みですか?

転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。